ギア・プーリー・ホイールなどリング形状のワーク加工を平板やパイプから自由自在に成形可能!

WF社は、金属のスピニングおよびフローフォーミング分野における技術的なカンパニーであり、革新的かつパワフルな成型機を提供しております。

CNC制御されたローラーに圧をかけながらスピニングを行うフローフォーミング技術により、シンプルな形状のワークからより少ない加工ステップで金属の増肉・薄肉・中空・内周スプライン形成・外周プロファイル形成、鍔付き形状などを合わせ持つシャフトやリングの形成が可能です。

『フローフォーミング』の特別な形の一つが円筒フローフォーミングで、この際の加工前ワーク形状はパイプです。
シンプルな壁の厚いパイプから、フォワード・フローフォーミング又はリバース・フローフォーミングにより、理想の壁厚を持つ薄いパイプの製造が可能となります。

また塑性加工により作られたフローフォーミング加工製品は、切削加工品に比べて強度・表面硬度も上昇します。

WF社のフローフォーミング技術は、EV時代における自動車製造の部品軽量化・生産性向上に貢献しております。

WF Machinenbau社について

40年以上前の事、根っからのメカニカルエンジニアであったヴァーナー・ヴィンケルマンとウド・フリーゼの二人は1900年設立のKeilinghaus社で出会いました。その後同社は破産を迎えましたが、その後彼らは自分たちで新たに事業を立ち上げました。こうしてWF Maschinenbau und Blechform technik GmbH & Co. KGが誕生。二人以外にも、多くの経験豊富なKeilinghaus社の従業員がこの新しい会社に参加することとなり、現在のWF社の礎となりました。

今日、WFは金属スピニングの革新的リーダーです。

現在は、経営の継承によりフリーゼ氏はデュッセルドルフのmpoolグループに会社を譲渡しましたが、今なおヴィンケルマンとフリーゼの二人が機械を設計していた頃の情熱は社内で受け継がれています。

WFのエンジニア達は世界最高水準の精度と安定性を可能にする装置を生み出しており、金属スピニングとフローフォーミングの全ての分野で、新しい工程を開発しています。
会社の8,000㎡ の敷地で設備が生産され、研究開発センターの8,000㎡で新しい工程の開発が行われております。 ゼンデンホルストにある本部、米国イリノイ州シャンバーグの支社、中国・上海の駐在員事務所では毎日、110人以上の社員が、近代的で信頼度が高く、効率性を備えた機械の作成に日々取り組んでいます


WFは未来を見据えています。

WFは今後もこの業界トップに君臨し続けるために、若手社員の育成も会社の重要の役割の一つとして捉えております。そして、自動車メーカーとの緊密な連携のもと、試作評価、プロセス開発、特許申請に継続的に取り組むことで、常に自社の技術的基礎を強化することを目指し、フローフォーミングの更なる技術革新に取り組んでいます。


%d bloggers like this: