Stat Peel社 ご紹介およびダウンロード

StatPeel社について

StatPeel(スタットピール)社はスイスで2013年に設立され、世界最高の使いやすい職場のナノファイバー検出システムを提供しています。

残念ながら一部の業界では、汚染や汚染を引き起こす材料、過去には特にアスベストを多用していました。さらに近年では、ナノファイバーやその他の潜在的に危険な物質が多用されるようになってきました。カーボンナノチューブもその一つです。

ナノファイバー危険物質の存在をモニタリングして状況を可視化することにより、今後起こりうる人体の健康上のリスクを回避することができます。

同社は最新のセンサー、分光法、データ分析テクノロジーを使用して、人や施設を有害な汚染から保護するのに役立つ統合センシングソリューションを構築しており、安全な作業環境を確保することで、幅広い用途向けの新しいナノ材料による製造の進歩が可能にしております。


同社の研究室は、きれいな空気、アクセスしやすい自然、産業の過去で知られるスイスの山岳地帯、グラールスにあります。最先端の材料を検出する彼らの研究は、ナノテクノロジーの安全性の基準を設定するのに貢献しています。
そしてまた、同社はナノテクノロジー、毒物学、職場の安全、労働衛生に関連する世界中のイベントや会議に積極的に参加しています。

Stat Peelの目標は、ナノファイバーの曝露を監視して安全な作業環境を確保することです。

StatPeel社の製品

C1特定器

カーボンナノチューブとグラフェンのモニタリング

当社独自の検出装置は、空中のカーボンナノチューブとグラフェンを認識するように特別に設計されています。これらの潜在的に有害な繊維と血小板の曝露を監視することは、あらゆる職業環境で行う必要があります。詳しくは

S1特定器

シリカモニタリング

当社の検出システムは、肺に非常に有害な可能性のある空気中のシリカを認識するように設計されています。実際、ギリシャ人とローマ人は何世紀も前にシリカ粉塵がいかに有害であるかを理解していました。シリカダストは、建設、海事、一般産業で広く発生しています。

詳細を見る

N1特定器

ナノセルロース繊維モニタリング

私たちの検出システムは、セルロースナノクリスタルを認識するように設計されています。これは、進行中の研究で、吸入すると有害である可能性があることが示されています。木に由来し、緑色の素材と考えられていますが、そのサイズと形状は、吸い込みやすいため、潜在的に危険です。

詳細を見る

コンポーネント

バッジ

バッジは、従業員が個人の露出を監視するために着用したり、施設内の特定の場所に配置して放出を監視したりすることができます。各バッジは携帯電話とほぼ同じサイズと重さであるため、平日は簡単に着用できます。空気がろ過スライドに流れることを可能にする小さな開口部があります。

ろ過スライド

特別に開発された膜を備えたろ過スライドは、ろ過された空気から粒子を集めるために使用されます。各スライドには、呼吸可能な粒子画分を収集するための1つ、2つ、または3つの膜があります。膜の適切な数は、施設がどれだけ「きれい」であるかによって決まります。各スライドにはバーコードが付いているため、特定のユーザーまで追跡できます。また、スライドをアーカイブして、コンプライアンスの追加記録を提供できます。

StatPeel社のカーボンナノチューブ検出システムの事なら、株式会社イリスへお問い合わせください。

コメントをどうぞ / Leave a Reply

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。