Latest Past Events

BLOHMクリープフィード研削技術セミナー 2021春 4月13日開催

オンライン(Web)

ブローム社クリープフィード研削技術セミナー4月13日(火曜日)に開催! 研削技術の一つであるクリープフィード研削、その切り込み量(材料除去率)の多さから、従来の研削・切削・ワイヤーカットでは非効率的であった高精度な部品や金型の製造が効率よく作成することが出来るようになります。 ドイツ・ブローム社は、このクリープフィード研削を得意とする研削盤メーカーです。 来る2021年4月13日に、ブローム社のクリープフィード研削技術紹介を行うウェビナーを初開催することになりました。 ぜひ難削材における高効率かつ高精度な加工を、クリープフィード研削で実現し、各種精密部品や金型の加工に革新をもたらす方法を学んでください。 ウェビナー開催概要 講義内容: ブローム社・株式会社イリス(ブローム社総代理店)ご紹介 クリープフィード研削とは? 切削・ワイヤーカット・レシプロ研削加工を置き換える研削技術 ブローム社クリープフィード研削盤の特徴 高剛性筐体・安定した砥石軸・高スピンドルパワー クリープフィード研削の活用例 航空機業界で活躍。今後は超硬金型・精密機構部品への応用が期待。   開催日時: 2021年4月13日(火曜日) 午後2時~午後3時 開催方法: ウェブを用いたMicrosoft Teamsを用いたオンライン形式 参加可能デバイス: スマートフォン・タブレット・PC   以下のウェビナー申し込みフォームもしくは、弊社へご連絡にて申し込みを完了された方に、前日までにウェビナー参加用リンクを送付いたします。 参加申し込みURL https://attendee.gotowebinar.com/register/1552797805147604749 ウェビナー参加をご希望の方で申し込みフォームが利用できない場合、またご質問等ございましたら下記担当者までお問い合わせください。 また、お申し込みの方で前日までに参加用リンクが届かない場合も下記担当者までご連絡ください。 主催担当: 株式会社イリス 名古屋支店・平井 メール: s.hirai@illies.com / 直通電話: 080-5920-5639  

Free

FELSS塑性加工セミナー 2020秋

ドイツ・FELSS社のロータリースウェージング・アキシャルフォーミングによる最新塑性加工技術紹介セミナーいよいよ開催! 中空軽量シャフト材の冷間加工を可能にする、FELSS社のロータリースウェージングおよびアキシャルフォーミング技術を紹介。 FELSS社は1905年の創設以来、金属棒材の塑性加工を手掛けており、近年では中空材のスウェージングによる冷間鍛造システムを提供しております。 FELSS社の持つロータリースウェージング技術により、きわめて厳しい寸法を持ちつつ、強度や薄肉化を可能にした中空軽量シャフトの成型が可能です。またアキシャルフォーミング技術によりはスウェージングにより形成されたシャフトの外周または内周に振動成型により精密なスプラインを形成が可能です。 これらはCASE時代における自動車のトランスミッション・エンジン・ドライブシャフトやモーター軽量化に貢献するだけでなく、材料歩留まり向上や車重軽減によるCO2削減に寄与します。 本セミナーでは、FELSS社が提供するこれらの技術の紹介を行います。 EV時代の車両の軽量化に貢献する、中空高強度シャフト製造における高い塑性加工技術をもつドイツFELSS社の技術を紹介いたします。 セミナー内容 株式会社イリス(FELSS社日本代理店)についてFELSSグループについてロータリースウェージング技術としくみアキシャルフォーミング技術としくみQ&A 技術紹介 ロータリースウェージング Rotaly Swaging 異なる形状、豊富な機能性を持つ中空軽量シャフト材の冷間加工を可能にする技術 『ロータリースウェージング』は、さまざまな形状の中空シャフトの成型が可能冷間鍛造プロセス。シャフト外側に配した分割金型を毎分1000ストローク以上で繰り返し開閉し圧を加えながら叩いて形状を作ることにより、鍛流線を切らずに活かしたまま、鍛造による表面硬度の向上することが可能な技術です。 またNC制御によりフィード率を変えたり、径を調整することにより、複雑形状の中空シャフトが成形可能になり、素材自体の強度と安定性が向上させながら、シャフトの軽量化と高機能化が実現可能となるプロセスです。 アキシャルフォーミング Axial Forming 精密・迅速・自由自在!中空シャフト材へ内外径スプラインを高速に加工が可能な技術 『アキシャルフォーミング』は、シャフトの外周をリング状の歯型金型で、もしくはシャフトの内径を歯形マンドレルを用いて振動成型することにより、高精度なスプラインを形成することが可能な技術です。 歯型がツールそのままの形状で塑性成形されるため、ピッチ誤差の発生を抑え対称性を備えた歯形を形成できるだけでなく、鍛造効果により疲労強度も向上するプロセスです。

無料