Category: カテゴリ未分類

【11月9日】OPTOMEC社金属3Dプリンターセミナー開催!

アメリカ・OPTOMEC(オプトメック)社は、航空機エンジンの航空市場と発電のエネルギー市場の両方で、すべての主要なガスタービンOEM向けに補修向け金属3Dプリンターを提供しているメーカー。整備工場ののメンテナンス修理およびオーバーホール(MRO)ショップの多くも同社のシステムを使用しています。そこには、同社の同社がDirected Energy Deposition(DED)テクノロジーに基づいたHuffmanブランドの5軸レーザークラダーとそのLENSブランドのMetal Additive 3Dプリンターが用いられています。 この技術を用いれば、タービンブレードの先端、シール、破断・摩耗面ど金属欠損部位の復元が可能となります。コンプレッサーブレード(チタン合金を含む)、ベーン、シュラウド、その他の高価値コンポーネントにも応用可能です。 Optomecの自動化ソリューションは、通常TIG溶接などの肉盛り補修と比較して、最適な冶金と最小限の入熱により、優れた機械的性能の実現が可能であり、メンテナンスのコストを大幅に削減する事が可能です。 今回のウェビナーでは航空、エネルギー、防衛産業の組織が、次の4つの重要な分野でイノベーションから具体的にどのように利益を得ているかについて説明します。 講義内容(英語): 独自のビジョンと適応制御ソフトウェア 優れた冶金学のための制御された不活性雰囲気処理 ターンキー修復プロセスのレシピ より高いスループットのバッチ処理を可能にする自動化ソリューション

Grinding Technology Japan 2021にてBLOHM社の研削技術を紹介中!

現在、幕張メッセで開催されておりますGrinding Technology Japan 2021において、弊社イリスが総代理店として取り扱っておりますBLOHM社の研削技術を紹介しております。 同展示会は3月4日まで開催しております。皆様の展示会へのお越し、ブースへのお立ち寄りをお待ちしております。

中空・高強度シャフトの製造法~ フェルス社の技術紹介

シャフトを鍛造により外側から叩いて伸ばし、必要に応じて内径にマンドレルを挿入して内径も制御する加工法「ロータリースウェージング」を用いれば、材料ロスを減らし、鍛造効果で鍛流線を切らずに高強度・高硬度化を実現しつつ、軽量化を実現することが可能となります。

omloxライブイベント2020 開催

産業界における構内位置検出規格であるomlox による初めてのオンラインイベントが開催されます。今回のイベントはオンラインにて、2020年6月29日~7月2日の、ドイツ昼間時間帯にオンラインで開催されます。 イベント詳細や参加方法についてはこちらをご覧ください。 多くの皆様のご聴講をお待ちしておりますのでぜひご参加ください。 #omlox #locatingstandard

オートモーティブワールド・クルマの軽量化技術展2020出展のご案内

株式会社イリスは、2020年1月15日(水)~18日(金)に東京ビッグサイトにて開催される「 オートモティブワールド 2020」に出展いたします。 出展概要 “最先端のクルマの技術のショーケース” として注目を集めている「オートモーティブワールド」内の「 クルマの軽量化技術展2020」において、欧州の秀逸な技術を持つ機器メーカー9社と共同出展いたします。 主な展示内容 ANDRITZ Soutec社(スイス) 最先端テーラードブランクレーザー溶接技術のご紹介 Schwartz社(ドイツ) 焼き分け技術を搭載した最先端連続炉のご紹介 Heinrich Georg社(ドイツ) 高精度・高速スリッター技術のご紹介 STIEFELMAYER社(ドイツ) モーターコア微細レーザー切断技術のご紹介 BROCKHAUS社(ドイツ) 世界水準の電磁特性測定装置のご紹介 FELSS社(ドイツ) E-モビリティ関連を含む軽量化スウェージング加工サンプル展示 WF社(ドイツ) 最新フローフォーミング、スピニング加工サンプル展示 VisiConsult社(ドイツ) 多様なニーズに応えるX線検査装置のご紹介 Roboze社(イタリア) ピーク材に対応するハイエンド3D造形機の実機展示 小間番号 西3ホール W24 20番