Category: 技術紹介

ネジ転造ダイスの効率的な製造方法

機械ネジを大量生産する上で欠かせない、ネジ転造ダイス。 ネジの原材料の棒状スチールにダイスを押し付けて転がし、ダイスのネジ山形状を棒に転写しておねじを短時間で形成する役割があります。 主に業界では丸ダイスと平ダイスが使われておりますが、株式会社イリスではこのうち平ダイスの製造を高効率化することができる、ブローム社のクリープフィード研削盤を日本の皆様に提案しております。

Schoeler社 ご紹介およびダウンロード

ドイツSchoeler社は、車載ラジエーター・エバポレーター・インタークーラー等で使用されておりますチューブ成型や放熱フィン形成用の加工設備を取り扱う会社素材のコイル状のアルミから折込フィンやマルチポートチューブまで、ロールフォーミング工程を経て連続で折込・溶接・密閉・検査・切断までを一貫して作ることができる高速ラインを提供している点です。

Stat Peel社 ご紹介およびダウンロード

残念ながら一部の業界では、汚染や汚染を引き起こす材料、過去には特にアスベストを多用していました。さらに近年では、ナノファイバーやその他の潜在的に危険な物質が多用されるようになってきました。カーボンナノチューブもその一つです。 ナノファイバー危険物質の存在をモニタリングして状況を可視化することにより、今後起こりうる人体の健康上のリスクを回避することができます。

軽量化技術展、明日が最終日です。

本日2日目を迎えたクルマの軽量化技術展、弊社イリスのブースも盛況のうちに終了しました。 軽量化に相反する車体構造強化や衝突安全性能向上を実現可能とする、ホットフォーミング向け加熱炉やテーラードブランク向けレーザー溶接技術が特に皆様から注目いただき、多くの自動車及び自動車部品メーカーの方にお立ち寄りいただきました。 会期は残すところあと1日となりました。 弊社ブースは、中央エントランスを入り右手の上りエスカレーターを上り切った所にあります入り口付近の便利な場所にございます。 皆様のご来場をお待ちしております。