CASE時代の自動車電動化・軽量化製造技術紹介

近年のパーソナルモビリティの動向でよく耳にする機会が増えてきた言葉の一つにCASEがあります。これはConnected(つながる)、Autonomous(自動化)、Sharing(共有)、Electrification(電動化)の頭文字を表し、次世代自動車の技術進化方向性を示すものです。

CASEの時代に求められる自動車は、より機能的かつインテリジェントで、より快適で環境にも優しいことが求められます。

自動車の構造もそれを反映した作り方が必要となり、今後はいっそう電動化・軽量化が進むものと思われ、モノづくりの現場も従来の作り方から大きく変革を遂げなければこれらは実現できません。

すでに欧州ではそれらを意識したモノづくりに成功をした企業が多くあり、イリスではその欧州のモノづくりを支えている最新かつ革新的な製造技術を日本の皆様に紹介しています。


電動(EV)化技術

電動化のコアになるのは、高出力モーターと大容量電池、電気・電子部品です。当然ながらこれらには高い信頼性が求められます。
イリスでは、ローターシャフトの軽量化塑性加工、モーターコアの精密レーザー切断、電磁鋼板やスタックコアの特性測定、スタックコア・ギアの全数品質検査、電気・電子部品の非破壊検査、組立作業アシスタント技術をもつメーカー技術を紹介しています。

ローターシャフトの軽量化塑性加工
モーターコアの精密レーザー切断(少量多品種)
電磁鋼板やスタックコアの特性測定
スタックコア・ギアの全数品質検査
電気・電子部品の非破壊検査
組立作業アシスタント技術

軽量化技術

軽量化のキーとなるのは、乗員保護を実現しながら従来メインで使用されていた鉄をいかに少なくするか、またそれに代わる構造材や接合方法です。
イリスでは、ピラーやドアリングのテーラードレーザー溶接、ホットフォーミング加熱・焼き分け技術、トランスミッション・ステアリング部品の中空塑性加工技術、アクスル・ギア部品の非破壊全数検査技術を紹介しています。

ピラーやドアリングのテーラードレーザー溶接
ホットフォーミング加熱・焼き分け技術
トランスミッション・ステアリング部品の中空塑性加工技術
アクスル部品の非破壊全数検査技術
ギア部品の非破壊全数検査技術

コメントをどうぞ / Leave a Reply

%d bloggers like this: