投稿者: Seiji Hirai

Schoeler社 ご紹介およびダウンロード

ドイツSchoeler社は、車載ラジエーター・エバポレーター・インタークーラー等で使用されておりますチューブ成型や放熱フィン形成用の加工設備を取り扱う会社素材のコイル状のアルミから折込フィンやマルチポートチューブまで、ロールフォーミング工程を経て連続で折込・溶接・密閉・検査・切断までを一貫して作ることができる高速ラインを提供している点です。

Stat Peel社 ご紹介およびダウンロード

残念ながら一部の業界では、汚染や汚染を引き起こす材料、過去には特にアスベストを多用していました。さらに近年では、ナノファイバーやその他の潜在的に危険な物質が多用されるようになってきました。カーボンナノチューブもその一つです。 ナノファイバー危険物質の存在をモニタリングして状況を可視化することにより、今後起こりうる人体の健康上のリスクを回避することができます。

FELSS塑性加工技術セミナー 2020秋 開催決定

ドイツ・FELSS社のロータリースウェージング・アキシャルフォーミングによる最新塑性加工技術の公開ウェビナーを初開催! 1905年創業のドイツ・FELSS社が持つ最新のロータリースウェージング技術により、きわめて厳しい寸法を持ちつつ、強度や薄肉化を可能にした中空軽量シャフトの成型が可能です。またアキシャルフォーミング技術によりはスウェージングにより形成されたシャフトの外周または内周に振動成型により精密なスプラインを形成が可能です。 本セミナーでは、中空軽量シャフト材の冷間加工を可能にする、FELSS社のロータリースウェージングおよびアキシャルフォーミング技術を紹介します。