Author: Seiji Hirai

ブローム社クリープフィード研削技術セミナー【金型編】第2回開催 8月19日

研削技術の一つであるクリープフィード研削、その切り込み量(材料除去率)の多さから、従来の研削・切削・ワイヤーカットでは非効率的であった高精度な部品や金型の製造が効率よく作成することが出来るようになります。 ドイツ・ブローム社は、このクリープフィード研削を得意とする研削盤メーカーです。来る2021年8月19日 火曜日)に、ブローム社のクリープフィード研削技術紹介を行うウェビナーの2回目を開催することになりました。 ぜひ難削材における高効率かつ高精度な加工を、クリープフィード研削で実現し、各種精密部品や金型の加工に革新をもたらす方法を学んでください。 ※今回のウェビナーは、4月13日に実施のウェビナーと同一内容で開催いたします。未だ参加されていない方はぜひご参加・ご聴講ください。 ウェビナー開催概要(参加無料・登録制) 講義内容: ブローム社・株式会社イリス(ブローム社総代理店)ご紹介 クリープフィード研削とは? 切削・ワイヤーカット・レシプロ研削加工を置き換える研削技術 ブローム社クリープフィード研削盤の特徴 「爆削」 高剛性筐体・安定した砥石軸・高スピンドルパワー 砥石チェンジャーで生産効率アップ クリープフィード研削の活用例 航空機業界で活躍。今後は超硬金型・精密機構部品への応用が期待。 開催日時: 2021年8月19日(木曜日) 午後3時~午後4時(終了予定)開催方法: ウェブを用いたGoToWebinarを用いたオンライン形式 参加可能デバイス: スマートフォン・タブレット・PC 挨拶: BLOHM JUNG GmbH – Joris Brand (Sales Manager Asia)司会進行: 株式会社イリス名古屋支店 – 平井 (名古屋支店長) 以下のウェビナー申し込みページもしくはQRコード読み取り、また弊社へご連絡にて申し込みを完了された方に、前日までにウェビナー参加用リンクを送付いたします。 ウェビナー参加をご希望の方で上記申し込みページが利用できない場合、またご質問等ございましたら下記担当者までお問い合わせください。また、お申し込みの方で前日までに参加用リンクが届かない場合も下記担当者までご連絡ください。 主催担当: 株式会社イリス 名古屋支店・平井 メール: s.hirai(at)illies.com / 直通電話: 080-5920-5639

株式会社イリス名古屋支店が拡張につき移転いたしました。

弊社名古屋支店は、本日7月1日より移転先での業務を開始いたしました。 2020年1月に名古屋支店を開設後、暫くはスタートアップ事務所として小規模で運営してまいりましたが、本日より新支店では床面積を2倍に増やし、名古屋地区への製造業の皆様への提案活動を強化いたします。 新しい場所は、以前の支店住所より北へ1キロほどの場所にございます。また、地下鉄東山線・上社駅より徒歩7分です。お客様駐車スペースも1台分ございます。 新住所: 〒465-0092 愛知県名古屋市名東区社台3-8 新・名古屋支店には、製造業の皆様の相談窓口として「ものづくり相談スペース」も開設いたしました。ぜひお近くへお越しの際は弊社営業担当へコンタクトの上お立ち寄りください。 これからも弊社名古屋支店をご愛顧いただきますよう宜しくお願いいたします。

オーストリア・ハーゲ社 摩擦撹拌接合(FSW)ソリューション取り扱い開始

摩擦撹拌接合(FSW)による異材接合技術による生産設備を提供するオーストリア・HAGE(ハーゲ)社は、本年度より株式会社イリスと共に日本市場に参入することを決定しました。 HAGE社は、特に欧州の航空宇宙業界においてアルミニウムタンクの大型接合設備での実績があります。 また、欧州自動車業界においてもバッテリーケースの封止や、トラック艤装躯体、そしてスポット溶接に代わりうるスポット摩擦撹拌接合(FSSW)技術の提供など、異種異材接合に関する豊富な経験を有しております。 株式会社イリスでは、HAGEの持つFSW技術を日本の皆様にご紹介いたします。より詳しい情報については、ぜひお気軽に弊社までお尋ねください。

ドイツ・シェーラー社 熱交換器製造ソリューション取り扱い開始

熱交換器チューブ・フィン製造・組立装置を提供するドイツ・SCHOELER(シェーラー)社は、本年度より株式会社イリスと共に日本市場に参入することを決定しました。 ドイツ・シェーラー社は、薄肉フィンやチューブ製造用の高精度設備やツール・金型から始まり、コンデンサー・ラジエーター・オイルクーラー・チャージエアクーラー等熱交換器向けの、半自動及び全自動コア組み立てから複雑なターンキー製造ラインにまで及びます。当社が開発し製造を行った設備や金型は、世界中の自動車産業および住宅用や移動体向けエアコン・熱交換器製造業界で使用されています。 ロールフォーミング、シーム溶接、非常に高度なプロセスの自動化に関して、シェーラー社は生産性と精度において最先端のテクノロジーを提供します。そのプロセスに特化した電気制御やソフトウェア開発を伴った同社の革新的なメカトロニクス・ソリューションは、製造工程において最良の生産効率もたらします。 また、現在他社製設備をご使用の方向けに、高品質な代替ツール・金型・ユニットの提供が可能です。 より詳しい情報については、ぜひお気軽に株式会社イリスまでお尋ねください。

Grinding Technology Japan最終日、オンラインでもお待ちしております。

本日、幕張メッセ4号館で開催中のGrinding Technology Japan最終日となりました。今回はコロナ禍の影響もあり、例年の1/3程度の来場者となっているようでございます。 今回弊社ブースでは、このような状況の下で来場が出来ない皆様のために、オンラインでご参加いただけるよう準備をいたしました。 本日一日オンライン回線を開いております。 会場の様子をちらっと見たい方も歓迎です。担当者が席を外していることもございますので、その際はチャット機能よりメッセージを残していただければ追ってご対応いたします。 会場には来れないがブースを見学したり担当者とコミュニケーションをとられたい方はぜひ以下のMicrosoft Teamsリンクよりご参加ください。