WF Machinenbau社について

40年以上もの間「WF」の文字は「能力」「信頼」「品質」を象徴してきました。根っからのメカニカルエンジニアであったヴァーナー・ヴィンケルマンとウド・フリーゼの二人は1900年設立のKeilinghaus社で出会いました。その後同社が破産の後、彼らは自分たちで新たに事業を立ち上げました。こうしてWF Maschinenbau und Blechform technik GmbH & Co. KGが誕生しました。二人以外にも、多くの経験豊富なKeilinghaus社の従業員がこの新しい会社に参加し、今日の当社の礎を築きました。経営の継承過程で、フリーゼ氏はデュッセルドルフのmpoolグループに会社を譲渡しました。


今日、WFは金属スピニングの革新的リーダーです。ヴィンケルマンとフリーゼの二人が機械を設計していた頃の情熱は、今でも社内で受け継がれています。WFは熱意を込めて最高水準の機械を作り出しており、金属スピニングとフローフォーミングの全ての分野で、新しい工程を開発しています。会社の8,000㎡ の敷地で機械が生産し、研究開発センターの8,000㎡で新しい工程を開発しています。 ゼンデンホルストにある本部、米国イリノイ州シャンバーグの支社、中国・上海の駐在員事務所では毎日、110人以上の社員が、近代的で、信頼度が高く、効率性を備えた機械の作成に取り組んでいます。


WFは未来を見据えています。
テストシリーズ、プロセス開発、特許申請に継続的に取り組むことで、常に自社の技術的基礎を強化することを目指しています。
WFは今後もこの業界トップに君臨し続けるために、若手社員の育成も会社の重要の役割の一つとして捉えております。